ゲーム研修の オンライン使い放題 プラットフォーム ResourSeeds(リソーシズ)リソーシズ

リソーシズ利用規約【令和4年6月15日改定】

  • プレスリリース

リソーシズ利用規約

本規約は、カレイドソリューションズ株式会社(以下、当社)が提供するサービス「リソーシズ」(以下、本サービス)の利用について定めたものです。本サービスのご利用に際し、本規約全文を一読頂いた上で、本規約の内容に同意いただく必要があります。

第一条(適用の範囲)
  1. 1.本規約は、本サービスを自社の研修に利用する法人(以下、利用法人)と当社の間に適用されます。
  2. 2.当社が本サービスに関し、別途本サービスに関連する個別の規定を定めた場合、その個別の規定は本規約の一部を構成します。本規定と個別の規定の内容が一致しない場合、個別の規定を優先します。
  3. 3.利用法人は、利用者(第二条で定義)に本規約を遵守させる善管注意義務があり、利用者の行為は利用法人の行為としてみなされることを、予め承諾するものとします。
第二条(定義)

本規約で使用する用語の定義は以下の通りです。

  1. (1)管理アカウント:利用法人に所属し、本サービスの利用を希望する担当者のアカウント
  2. (2)受講者:利用法人に所属し、本サービスの学習効果を受益するもの
  3. (3)利用者:管理アカウントと受講者の総称
  4. (4)コンテンツ:本サービスを構成する各学習モジュール(例:「ボスの品格」)
  5. (5)プラットフォーム:本サービス及びコンテンツを運用するための基盤として利用するウェブサービスの総称
第三条(サービスの内容)
  1. 1.本サービスは、原則として、当社が過去に開発したゲームを用いた研修群を、オンラインで簡易的に実施できるように加工して、プラットフォーム上にワーク部分を公開したものです。サービス名「リソーシズ」の通り、研修の資源としてご活用いただけます。
  2. 2.本サービスは、その拡充に伴い、前項以外の新たな研修のリソースを追加することがあります。
    利用法人の研修の講師・ファシリテーターは、利用法人の目的・目標に合わせ、各コンテンツに前後のインストラクショナルデザインを行い、実施します。
  3. 3.各コンテンツには、第一項の研修群を実施するにあたっての参考情報を提供するページとして「講師用ページ」を設け、契約企業はそこにアップロードされる情報を本サービスの利用の範囲に限定して、契約期間内に自由に利用ができます。
  4. 4.本サービスには講師・ファシリテーターの養成、研修カリキュラムの作成、インストラクショナルデザイン、スライドやワークシートの作成といった付帯サービスを含みません。
第四条(利用の申し込み)
  1. 1.利用法人の担当者は本規約に同意し、発注を行うことで、管理アカウントとして登録され、本サービスにアクセスできます。
  2. 2.利用法人が以下の事由のいずれかに該当する場合は、管理アカウントとして登録を行わない、もしくは登録を抹消することがあります。
  3. (1)当社に提供した情報の全部または一部に虚偽・誤記、記載漏れがあった場合
  4. (2)反社会的勢力等である、もしくは反社会的勢力等と何らかの交流・関与を行っていると当社が判断した場合
  5. (3)本規約第七条3項に該当した場合
  6. (4)本サービスを利用するための設備が整っていないと当社が判断した場合
  7. (5)本サービスへの対価の支払いが確認できない場合
  8. (6)その他、当社が登録を適切でないと判断した場合
第五条(利用期間)
  1. 1.本サービスの利用期間は利用法人ごとに定めた期間となります。利用期間終了時に自動更新されます。
  2. 2.本サービスの最小利用期間は、6ヶ月間とします。
  3. 3.本サービスの利用開始日は、原則として発注日の翌月1日とします。
  4. 4.利用法人の事情により、前項に定める日付以外から利用開始する場合、利用開始期間の起算日は、利用開始月の1日とします。
  5. 5.本サービスの利用終了日は、原則として管理アカウントが利用の終了を申告した日の属する翌月末日とします。
  6. 6.本サービスの利用期間が第2項に定める期間に満たない場合には、5か月目の末日までに申告することで、6ヶ月末日に利用が終了します。
第六条(URL、会社ID、コンテンツごとのパスワード・必要に応じてその他コードの通知と管理)
  1. 1.当社は、管理アカウントに対し発注から3営業日以内に、プラットフォームが生成するURL、会社ID、コンテンツごとのパスワード・必要に応じてその他コード(以下、管理情報)を通知します。管理アカウントは、管理情報のうち、受講者が受講するコンテンツの管理情報を受講者に通知します。これにより、受講者は、コンテンツの受講が可能になります。
  2. 2.当社は、利用期間が終了した時点で、当該利用者からの本サービスへのアクセスを停止します。この時点で受講者の参加履歴及び結果についても参照できなくなります。
  3. 3.管理アカウントは管理情報を、また、受講者は管理アカウントから提供された管理情報を自己の責任において管理し、譲渡や貸与によって第三者に利用させることはできないものとします。
  4. 4.受講者は、本サービス、コンテンツに対しての問い合わせを管理アカウントに対して行うものとします。当社は管理アカウントとして登録されたe-mailからの問い合わせのみを受け付けます。
  5. 5.当社は管理アカウントからの問い合わせに対し、原則として3営業日以内に回答します。
  6. 6.当社は、セキュリティ上の理由により管理情報のうち、コンテンツごとのパスワードを定期的に変更することがあります。
第七条(利用者の地位及び禁止事項)
  1. 1.利用者は本サービスを利用することをもって、本規約に合意したものとみなされ、同時に本サービスにおける利用者としての地位を得るものとします。
  2. 2.利用者は、利用期間の範囲でコンテンツを利用できます。一方、利用期間外にコンテンツに含まれる画像やスライド等の利用はできません。
  3. 3.利用者は以下に掲げる行為を行ってはならないものとします。
  4. (1)当社および、原著作者の著作権、商標権等の知的財産権その他の権利を侵害する行為
  5. (2)プラットフォームの著作権、商標権等の知的財産権その他の権利を侵害する行為
  6. (3)本規約に違反して、第三者(利用法人に所属しないもの)に本サービスを利用させる行為
  7. (4)本サービスの運営を妨害する行為
  8. (5)公序良俗に反する行為
  9. (6)反社会的勢力への利益供与
  10. (7)その他、法令に違反する行為、またはその恐れのある行為
  11. (8)その他、当社が不適切と判断する行為
  12. 4.利用者の行為は利用法人の行為としてみなされることを、利用者は予め承諾するものとします。
第八条(利用料金)
  1. 1.利用法人は、当社に対し、利用法人と当社が別途合意した利用料金を、別途合意した方法で期日までに支払う義務を負います。原則として、契約時に利用期間の料金総額を請求書にて請求します。
  2. 2.利用料金は、コンテンツ数の増減、及びコンテンツの機能の増減に伴って、随時改定されます。
  3. 3.契約時点での利用料金が最長12か月間適用されます。
  4. 4.契約金額は12ヶ月ごとにその時点の改定価格に改定されます。
第九条(プラットフォームもしくは本サービスの中断または停止)
  1. 1.以下の各号のいずれかに該当する場合、プラットフォーム及び本サービスの一部または全部がご利用いただけなくなることがあります。なお、利用法人は、プラットフォーム及び本サービスの一部または全部が停止した場合においても、利用料金の支払いは免れないものとします。
  2. (1)プラットフォームの電力、サーバー、通信、保守、改修、不具合、コンピューターウイルスへの感染等により、プラットフォームが中断または停止する場合
  3. (2)プラットフォームが、プラットフォーム提供事業者の判断によりサービスを中断する場合
  4. (3)プラットフォームが当社へのサービス提供を停止した場合
  5. (4)本サービスの提供に必要なシステムやサーバー等の設備が障害により中断または停止した場合
  6. (5)本サービスの提供に必要なクラウドサービスが停止した場合
  7. (6)本サービスの提供に必要なクラウドサービスが当社へのサービス提供を停止した場合
  8. (7)当社が利用法人による利用料金の支払いが確認できない場合
  9. (8)利用者が第七条第3項の禁止行為を行った場合
  10. 2.プラットフォーム及び本サービスが中断または停止する場合、事前に管理アカウントに通知します。ただし、当社が予見できない緊急時の場合、当社は管理アカウントへ通知なく直ちに本サービスの中断または停止し、事後すみやかに管理アカウントへの通知を行います。
  11. 3.コンテンツは、本サービスの利用状況に応じて、適宜追加、変更、削除することがあります。
第十条(情報の管理)
  1. 1.利用法人及び当社は、プラットフォームもしくは本サービスの利用または提供のため、利用者の入力情報を、プラットフォーム提供事業者に提供を行うことに同意します。
  2. 2.プラットフォーム上に利用者が入力した情報のうち、パスワード以外の情報は当社が閲覧できます。
  3. 3.利用者の入力情報が当社責めに帰すべき事由により漏洩した場合、当社は責任をもって対応します。
  4. 4.前項に起因して、利用者に損害が発生した場合、当社は、利用者に対して直接かつ通常の損害のみを賠償するものとします。いかなる場合も、利用者の逸失利益、間接損害及び特別な事情から生じた損害について何らの責任を負わないものとします。
第十一条(著作権)
  1. 1.利用者は本サービス及びコンテンツを著作物と認め、著作権法に則り、利用を行います。
  2. 2.原則として、コンテンツの著作権は当社に帰属します。当社がコンテンツの著作者ではなく、クリエイティブコモンズライセンス等、著作者が利用を認める著作物を使用する場合、当社はその認める範囲の中でコンテンツを使用することがあります。
  3. 3.利用者は、当社に帰属する著作物(運営用スライド、参考資料、動画を含む)を本サービスの利用の範囲を超えた利用はできません。また、いかなる方法においても、著作権法で定める利用の範囲を超える複製・翻案・販売・出版・依拠性のある類似のコンテンツ・プログラムの開発等の用途に当社の許可を得ずに利用することはできないものとします。当社に帰属せず、著作者が利用を認める著作物に関してはその利用を認める範囲を確認の上、ご利用ください。
  4. 4. 利用者の入力情報の著作権は当社に帰属せず、利用者の入力情報をダウンロードできる機能がある学習モジュールに入力された利用者の入力情報の著作権は利用法人に帰属し、ダウンロード後のファイルは期間の定めなくご利用いただけます。
第十二条(準拠法および裁判管轄)
  1. 1.本規約及び本サービスに関する個別の規定は、日本法に準拠し解釈されるものとします。
  2. 2.本規約及び本サービスに関し、当社と利用法人の間で紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を管轄裁判所とします。

制定日:令和3年5月1日
改定日:令和3年10月1日
改定日:令和4年6月15日
カレイドソリューションズ株式会社
代表取締役 高橋興史

一覧に戻る

資料請求・お問い合わせ

もっと詳しく